2020-10

資料公開コーナー 第78回 「戦後の日本人と米軍キャンプとの交流」

第78回 「戦後の日本人と米軍キャンプとの交流」

会期 :令和2年9月24日(木)~12月27日(日)
会場 :昭和館1階 資料公開コーナー


第78回資料公開コーナーポスター40 第78回資料公開コーナー会場風景10

昭和館ではアメリカの公文書館から継続的に資料を収集し、公開しています。今回は新たに入手した写真資料748点の中から米軍キャンプ内で撮影された写真をご紹介します。
紹介する写真には、昭和20年から30年代の日本各地の米軍キャンプで、日本文化に親しむ米兵や共に楽しむ日米の子どもたち等、日米交流の様子が写し出されています。5階の映像・音響室では、米国立公文書館から新たに入手した全ての写真を閲覧することができます。いずれも初公開です。

★詳細はこちら

この機会に是非お立ち寄りくださいませ。


スポンサーサイト



資料公開コーナー 第77回 「歌詞カードにみるあの頃の映画音楽」

第77回 「歌詞カードにみるあの頃の映画音楽」

会期:令和2年6月30日(火)~9月22日(火)
会場:昭和館1階ロビー 資料公開コーナー


第77回資料公開コーナーポスター 第77回資料公開コーナー会場風景

戦時中、上映を禁止されていたアメリカ映画が再び日本の映画館で上映されたのは、昭和20年(1945)12月のことでした。
今回は、昭和館が所蔵する昭和20~30年代のアメリカ映画を中心とした映画音楽の歌詞カードをご紹介します。映画のワンシーンがレイアウトされた歌詞カードを当時のSPレコードの音源とともにお楽しみください。

★詳細はこちら

この機会に是非ご来館くださいませ。


資料公開コーナー 第74回 「第一次南極観測船「宗谷」の出港  ~人びとの期待をのせて~」

第74回 「第一次南極観測船「宗谷」の出港 ~人びとの期待をのせて~」

会期:令和元年9月25日(水)~12月27日(金)
会場:昭和館1階ロビー 資料公開コーナー


第74回資料公開コーナーポスター 第74回資料公開コーナー会場風景


昭和34年(1959)、南極の平和的利用と科学的調査における国際協力の促進を目的とした南極条約が採択されてから、今年で60周年を迎えます。

昭和館では12月27日(金)まで、1階ロビーの資料公開コーナーにて「第一次南極観測船「宗谷」の出港 ~人びとの期待をのせて~」を開催中です。「宗谷」誕生までのあゆみをパネルにてご紹介、出航を見送る人びとを写した写真や映像を展示しています。

また、5階の映像・音響室では、自然地理学者で複数回にわたって南極調査隊に参加した吉田栄夫さんのオーラルヒストリーやタロとジロの無事を報ずる当時のニュース映像、そのほか今回の展示でご紹介しきれなかった「宗谷」関連の写真や映像もご覧いただけます。

★詳細はこちら

この機会に是非ご来館くださいませ。


資料公開コーナー 第74回 「第一次南極観測船「宗谷」の出港 ~人びとの期待をのせて~」

第74回 「第一次南極観測船「宗谷」の出港 ~人びとの期待をのせて~」

会期:令和元年9月25日(水)~12月27日(金)
会場:昭和館1階ロビー 資料公開コーナー


 昭和34年(1959)、南極の平和的利用と科学的調査における国際協力の促進を目的とした南極条約が採択されてから、今年で60周年を迎えます。日本を含む12か国(日本・アメリカ合衆国・イギリス・フランス・旧ソ連・アルゼンチン・オーストラリア・ベルギー・チリ・ニュージーランド・ノルウェー・南アフリカ)により採択され、36年に発効しました。
 それに先立って、昭和30年11月に日本は南極観測に参加することを閣議決定し、灯台補給船として活躍していた「宗谷」を改造して南極観測船とすることとしました。「宗谷」は昭和13年に耐氷型貨物船として建造され、太平洋戦争では、特務艦として戦地へ赴きましたが、運良く戦火をくぐりぬけ、戦後は、GHQの管理下で引揚船としての役割を果たしました。その後、海上保安庁の灯台補給船に転用された船でした。
 昭和31年11月8日、東京・晴海埠頭より第一次南極観測隊を乗せた「宗谷」は、南極へ向けて出発しました。終戦から10年が過ぎた日本にとって南極観測参加は、国際社会復帰の大事業でもありました。翌年1月29日にオングル島へ上陸して「昭和基地」(日本の観測基地)と命名、南極に日の丸の旗が掲げられたニュースに、国中が歓喜しました。
 今回は、人びとの大きな期待を背負い初の南極観測へ旅立った「宗谷」の出港時の写真を中心にご紹介します。埠頭につめかけた数千人の大群衆が「宗谷」を見送る様子をご覧ください。

第74回資料公開コーナーポスター 第74回資料公開コーナー会場風景

★詳細はこちら

ご来館、お待ちしております。

資料公開コーナー 第73回 「歌詞カードにみる戦後歌謡」

第73回 「歌詞カードにみる戦後歌謡」

会期:令和元年7月2日(火)~9月23日(月)
会場:昭和館1階ロビー 資料公開コーナー


皆さんは終戦後、最初に製作・発売された歌謡曲をご存じですか。
 昭和20年(1945)10月に公開された映画『そよかぜ』の挿入歌として大ヒットをした「リンゴの唄」です。並木路子の明るい歌声は、苦境の日々を送っていた人びとに希望を与えました。
 あらゆる物資が不足していた終戦直後、レコード盤や蓄音機を手に入れることは容易ではなく、空襲情報を聞くために普及していたラジオから流れる音楽や映画の挿入歌がヒット曲の誕生に大きな役割を果たしていました。
 当時のレコード産業は、戦時下での機械の供出や空襲による工場の被害などにより、厳しい状況に置かれていましたが、日蓄工業(現:日本コロムビア)は、終戦から2か月後にはSPレコードと蓄音機の生産を再開します。
 少しずつSPレコードの生産は回復し、歌謡曲の生産が中心となる中、歌手の肖像写真の入った歌詞カードが花を添えました。
 今回は、昭和館が所蔵する戦後歌謡の歌詞カードを中心にご紹介します。今年は美空ひばりの没後30年にもあたります。デザイン・仕様もさまざまな歌詞カードを当時の音源とともにお楽しみください。

第73回資料公開コーナーポスター 第73回資料公開コーナー

★詳細はこちら

ご来館、お待ちしております。


«  | ホーム |  »

プロフィール

昭和館ブログ

Author:昭和館ブログ
昭和館の最新情報をお知らせします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

新着情報 (13)
イベント (25)
特別企画展 (20)
巡回特別企画展 (8)
紙芝居定期上演会 (12)
ニュースシアター (285)
資料公開コーナー (10)
写真展 (19)
休館・開館 (4)
図書室 (217)
未分類 (38)
映像・音響室 (34)
あいさつ (1)
募集 (4)
語り部 (6)

QRコード

QR