2018-06

図書室・15番書架紹介

【あなたの出身地は? 昭和館で見られる47都道府県の資料】

4階図書室内の15番書架では、都道府県ごとに、戦中・戦後関連の資料を順次、紹介しています。
現在は、「宮崎県の戦中・戦後」をご覧いただけます。
ぜひ、お手にとって、ご覧ください。

15番書架(宮崎県)

スポンサーサイト

図書室・ハングオール資料紹介

【ハングオール資料紹介 「みんなの日記・絵日記」】

学校、遊び、疎開、空襲…
戦中・戦後の子どもたちの日記を紹介します。

4階図書室内のハングオールでご覧いただけます。
ぜひ、お手にとって、お読みください。

ハングオール(みんなの日記・絵日記)

追悼 津本陽さん

【追悼 津本陽さん】

津本陽さんは、和歌山県で生まれ、中学生時代に勤労動員先の川崎航空機明石工場や和歌山市空襲を体験しました。
戦争体験の空しさが創作の原点となり、多くの歴史小説を残しました。
『名をこそ惜しめ』は、硫黄島からの生還者に取材し、証言をもとに激戦地の実態を著した作品です。
4F図書室でお読みいただけます。

000047910 『名をこそ惜しめ』 (913/Ts73)
追悼 津本陽さん

追悼 加古里子さん

【追悼 加古里子さん】

だるまちゃんシリーズや『からすのパンやさん』などで知られる絵本作家の加古さんは、飛行機乗りにあこがれる軍国少年でした。勤労動員や空襲を体験し、19歳のときに終戦を迎えます。戦後は民間企業の研究所に勤めながら、社会福祉活動に従事し、子どもたちと交流してきました。「これからの子どもは自分で考えて判断や行動ができるようになってほしい」との思いから、数多くの作品を残してきました。
当館図書室では、加古さんの『未来のだるまちゃんへ』を紹介中です。ぜひ、お手にとってお読みください。

060006215『未来のだるまちゃんへ』(726/Ka27)
追悼 加古里子さん

追悼 古川薫さん

【追悼 古川薫さん】

直木賞作家である古川さんは、幕末や明治維新を題材にした歴史小説を数多く執筆しました。
平成19年には、旧海軍の練習機赤トンボの整備士だった実体験をもとに『君死に給ふことなかれ』を出版しました。
当館図書室でお読みいただけます。ぜひ、お手にとってご覧ください。

000060119 『君死に給ふことなかれ』(913/F93)
追悼 古川薫さん

«  | ホーム |  »

プロフィール

昭和館ブログ

Author:昭和館ブログ
昭和館の最新情報をお知らせします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

新着情報 (9)
イベント (19)
特別企画展 (16)
巡回特別企画展 (6)
紙芝居定期上演会 (11)
ニュースシアター (178)
資料公開コーナー (3)
写真展 (6)
休館・開館 (3)
図書室 (82)
未分類 (30)
映像・音響室 (15)
あいさつ (1)
募集 (2)

QRコード

QR