2021-05

おうちで映像・音響室の資料を見てみよう!

昭和館では、4月29日から5月8日までゴールデンウィーク特別企画として、映像・音響室が所蔵する資料から順次クイズを出題いたします。ご自宅で推測して答えを考えてみてださい。
※解答は出題の翌日、追記で掲載します。


この中に、今から約70年前の今日(5月5日)に撮られた写真があります。
どの写真かわかりますか? 考えて選んでみてください。

A.
  012312
  (米国立公文書館提供)

B.
  115969
  (米国立公文書館提供)

C.
  103818
  (米国立公文書館提供)



(5月6日、解答を追記しました)

答えはCの写真です。

この写真は今から73年前の昭和23(1948)年5月5日、東京で撮影された『屋根の上で鯉のぼりを飾る親子』の写真です。

5月5日「端午の節句」は、奈良時代から現在でも続く伝統行事です。男子の健やかな成長を祈願し、鎧兜や菖蒲を飾ったり、鯉のぼりを掲揚して、粽(ちまき)や柏餅を食べてお祝いをします。

戦後の昭和23年、端午の節句である5月5日に「こどもの日」という国民の祝日が制定され、男女関係なく「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」として祝日になりました。

「こいのぼり」は江戸時代から伝承されてきた日本の伝統文化のひとつで、鯉の滝登りが立身出世の象徴となったことが由来となり、その雄大な姿には子どもの健やかな成長を願う親の想いがこめられています。

今年も各地で「こいのぼり」が見られることでしょう。

※AとBの写真について
A・・・「七五三のお参り」 東京都 昭和23年(1948)11月29日 米国公文書館提供
七五三のお祝いで、晴れ着姿で神社に参拝におとづれた女の子たち。手には千歳飴の入った袋を提げている。

B・・・「正月の日の記念写真」 東京都渋谷区 昭和23年(1948)1月1日 米国公文書館提供
元旦の朝、新年を祝う参拝者で賑わう明治神宮。初詣に来ていた子どもたちを進駐軍の兵士が撮影している。

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

昭和館ブログ

Author:昭和館ブログ
昭和館の最新情報をお知らせします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

新着情報 (14)
イベント (29)
特別企画展 (26)
巡回特別企画展 (10)
紙芝居定期上演会 (13)
ニュースシアター (403)
資料公開コーナー (15)
写真展 (37)
休館・開館 (6)
図書室 (421)
未分類 (46)
映像・音響室 (49)
あいさつ (1)
募集 (4)
語り部 (21)

QRコード

QR