2023-01

【追悼 渡辺京二さん】

【追悼 渡辺京二さん】

昭和館図書室では、渡辺京二さんの本を紹介しています。

昭和5年(1930)、京都生まれ。
小・中学生時代を中国の北京と大連で暮らし、戦後に両親の故郷である熊本に引揚げました。
大学卒業後、「日本読書新聞」編集者を経て熊本に戻り、昭和40年(1965)に『熊本風土記』を創刊。水俣病を題材とした石牟礼道子の代表作『苦海浄土』の初稿を掲載しました。
日本近代史家として『逝きし世の面影』などの著作を執筆し、数々の文学賞を受賞しました。

『父母の記』(請求記号:289/W46 資料番号:000061886)
追悼 渡辺京二さん

スポンサーサイト



資料公開コーナー 第87回「図書・雑誌に見る空襲への備え」

資料公開コーナー 第87回「図書・雑誌に見る空襲への備え」

会期:令和5年1月5日(木)~4月2日(日)
会場:昭和館1階ロビー 資料公開コーナー
入場料:無料


第87回資料公開コーナー ポスター 第87回資料公開コーナー 会場写真

昭和12年(1937)4月、空襲に備えるため、防空に関する訓練や仕組みについて定められた防空法が公布されました。これにより民間の人々が灯火管制、消防、避難などを行う防空演習が実施されるようになりました。
防空法を周知するために、様々な図書や雑誌などの出版物が刊行され、その種類は防空専門の雑誌から子ども向けの紙芝居トーキーまで、多岐にわたりました。
今回の展示では、当時出版された図書や雑誌を通じて、空襲への備えがどのように国民に周知され、日常化されていったのかをご紹介します。
4階図書室では、この他にも多数関連本を所蔵しております。こちらもあわせてぜひご覧ください。

この機会に是非ご来館くださいませ。

«  | ホーム |  »

プロフィール

昭和館ブログ

Author:昭和館ブログ
昭和館の最新情報をお知らせします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

新着情報 (14)
イベント (29)
特別企画展 (26)
巡回特別企画展 (10)
紙芝居定期上演会 (13)
ニュースシアター (403)
資料公開コーナー (15)
写真展 (37)
休館・開館 (6)
図書室 (421)
未分類 (46)
映像・音響室 (49)
あいさつ (1)
募集 (4)
語り部 (21)

QRコード

QR