2024-03

【追悼 森崎和江さん】

【追悼 森崎和江さん】

昭和館図書室では、森崎和江さんの本を紹介しています。

昭和2年(1927)、日本統治下の朝鮮に生まれ、進学のため19年に単身で帰国しました。福岡女子専門学校(現・県立福岡女子大学)2年生のときに終戦を迎え、卒業後に詩作を始めます。
昭和25年(1950)に丸山豊らが刊行していた詩誌『母音』に参加、33年には谷川雁らと文芸誌『サークル村』を創刊し、翌年には女性交流誌『無名通信』を刊行しました。その後、日本から南方へ売春婦として売られていく女性を描いた『からゆきさん』などを執筆し、ノンフィクション作家としても活躍しました。
本書には、森崎さんの戦中・戦後の体験と占領下を生きる女性の姿について語られています。

『戦後体験の発掘 15人が語る占領下の青春』(210.76/Y62 閉架一般 000057487)
追悼 森崎和江さん

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

昭和館ブログ

Author:昭和館ブログ
昭和館の最新情報をお知らせします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

新着情報 (14)
イベント (29)
特別企画展 (26)
巡回特別企画展 (10)
紙芝居定期上演会 (13)
ニュースシアター (403)
資料公開コーナー (15)
写真展 (37)
休館・開館 (6)
図書室 (421)
未分類 (46)
映像・音響室 (49)
あいさつ (1)
募集 (4)
語り部 (21)

QRコード

QR